忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
【3】話題のカタマリ(第42回)       ―映画人の好きな映画と俳優は?
-------------------------------------------------------------------------
前号に引き続き、弊社刊『日本の映画人』(2007年6月刊)の関連ネタです。

本書の編集にあたり、掲載をお願いした経歴記入用のアンケートでは、映画に
関する回答欄を加えました。今回はその集計結果をちょっとだけお伝えします。

☆「生涯の1本」は何ですか?

1.「七人の侍」
2.「道」
3.「第三の男」「泥の河」「浮雲」「アラビアのロレンス」

「七人の侍」がダントツの1位。2位以下は、1人1作品といっても良いほど票が
割れたそうです。

☆「印象に残る男優・女優」は誰ですか?

1. 三船敏郎
2. 森雅之、高峰秀子、原節子
3. 田中絹代
    4. 高倉健
    5. 石原裕次郎

こちらも三船敏郎がダントツの1位で、好きな作品に洋画が挙がっていたわりに
は、外国の俳優は上位に来ませんでした。外国人だけをピックアップしてみると
このような結果が出ました。

1. イングリッド・バーグマン
    2. ジャン・ギャバン
    3. オードリー・ヘップバーン
    4. オーソン・ウェルズ
    5. ヘンリー・フォンダ

1位のイングリッド・バーグマンでさえも、得票数では三船敏郎の3分の1以下で
した。『“日本の”映画人』に掲載されるから日本人を選んでおくという回答
者側の判断が影響したのかもしれません。

また回答者の年齢構成を見ると、50代~80代からの回答数が圧倒的に多く、20
代~30代からの回答はほとんどなかったとのことで、どうやら回答者の年代が
色濃く出たランキングになったようです。

ちなみに、回答者の最高齢は1910年生まれの映画評論家・双葉十三郎さんで、
最年少は先日のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した1969年生まれの映画
監督・河瀬直美さんでした。


◆日本の映画人―日本映画の創造者たち
佐藤忠男編 定価12,600円(税込) A5判・720p 
ISBN:978-4-8169-2035-6
製作、監督、脚本、撮影、照明、美術、音楽、録音、編集、アニメ、
興行、評論など、俳優を除く各分野で活躍した映画人1,472人を収録。

http://www.nichigai.co.jp/sales/eigajin.html

(袴田)

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[230] [229] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]