忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
【3】話題のカタマリ(第70回)      ― 「全日空寄席」のCD発売に思う
-------------------------------------------------------------------------
飛行機で旅に出る時は、機内番組で落語チャンネルを聴くことが多い。しかし、
流れる演目は案内放送の割り込みでたびたび中断されるので、まるまる一つの
ネタをゆっくり聴けないのが残念だ。
ところが、ついにコロムビアから『笑う全日空寄席』が2タイトル発売された。
その収録内容は、

『笑う全日空寄席(1)』
「堪忍袋」三遊亭遊雀
「漫才」昭和のいる・こいる
「新・八五郎出世」立川志の輔

『笑う全日空寄席(2)』
「寿の春」三遊亭歌之介
「火焔太鼓」橘家圓蔵
「禁酒番屋」五代目 柳家小さん

と、それぞれ豪華な顔ぶれである。

『全日空寄席』記念すべき第1巻の最初の演者が、三遊亭遊雀であるのは象徴的
である。なぜなら、彼は知る人ぞ知る飛行機マニアだからだ。
彼の前名・柳家三太楼の時代に、同好の士である柳家三之助とともに航空関係者
を取材した著書『オールフライトニッポン』(風濤社)が刊行され、それが縁で、
成田空港近くにある航空科学博物館で毎年1回、航空寄席を開催しているほどで
ある。

しかし『オールフライト...』刊行後、三太楼は師匠の権太楼から破門にされて
しまった。約1年のブランクが続いた後、現在の師匠である三遊亭小遊三の門下
に移り、現在の遊雀になったという経緯がある。

CD発売にあたって、演者選定の裏事情は知らないが、これは全日空からのご返礼
という形なのかもしれない。

◎ 三遊亭遊雀(落語家)
昭和40年千葉県出身
学生時代に落語研究会に入り、老人ホームの慰問活動などを行う。大学を中退
し、昭和63年柳家権太楼に入門、前座名さん太。平成3年二ツ目に昇進し、三
太楼。13年真打ちに昇進。18年三遊亭小遊三一門に移り、三遊亭遊雀を名のる。

◎ 柳家三之助(落語家)
昭和48年千葉県出身
平成7年10代目柳家小三治に入門、前座名ごん白。11年二ツ目に昇進、三之助
と改名。落語協会のホームページを手がけるなどITに詳しい。

                            (WHOPLUSより)

(袴田)

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]