忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
【2】知的バラエティコラム/本日も、風まかせ!(第62回)
-------------------------------------------------------------------------
ジョージ・ホワイトとはだれでしょう?

小説やマンガなどで有名な犬のキャラクターというと、どんな名前が思いうか
ぶだろう? スヌーピー、のらくろ、パトラッシュ、ジョリー、モンモランシー、
ベルカ、プルート、ラッシー……。あらら、きりがない。ならば、猫は? 

最初にうかんだ名前は、漱石の「我輩」と長靴をはいた「猫」だ。いやいや、
これは名前とはいえないな。さらに頭をひねること数分。ようやく出てきたの
が、「キャット空中三回転」のニャンコ先生と、『宇宙戦艦ヤマト』のミーく
ん。ううん、微妙に地味ですか。

と、思いだした。大人気のキティちゃんがいるじゃないか! すぐに出てこな
かったのは、猫っぽくない雰囲気のせいだろう。いまでは世界的な知名度をほ
こるキャラクターだが、そういえば、スヌーピーはシュルツ、のらくろは田河
水泡だが、あれを描いているのはだれだろう? 調べてみると、現在は山口裕
子さんという三代目の方がデザイナーをしているとのこと。小さいころからお
世話になっているのに、キティちゃんについては、じつは知らないことだらけ
だ。

その山口さんのインタビュー記事によれば、キティちゃんの人気は1987年ごろ
に低迷したが、友情のシンボルとして育ったキャラクターだけに、サンリオ社
長がそのまま消滅させることを惜しみ、社内コンペにより山口さんが新デザイ
ナーに起用されて、現在の人気につながった、とか。ということは、辻社長の
熱意がなければ、キティちゃんは今ごろ……。

参考に、氏の会社創成のころの経歴を抜粋してみる。懐かしいキャラクターの
名前がてんこ盛りだ。じつは、わたしの幼い記憶にガツンと残っているのは、
『親子ねずみの不思議な旅』というサンリオ初期のアニメ映画なのだけれど、
こちらは悲しいことに経歴にも載っていないし、あまり知る人もいないんだろ
うな。

◎ 辻信太郎(作家;サンリオ社長)
昭和35年山梨シルクセンターを株式会社化して独立。44年にグリーティング
カード販売を手がけるサンリオグリーティングを設立。48年にシルクセンター
をサンリオと改称し、同年サンリオグリーティングと合併。その後、「ハロー
キティ」「パティ&ジミー」「リトルツインスターズ(キキとララ)」「マイ
メロディ」のなどオリジナル・キャラクターを次々と世の中に送り出す。 
(WHOPLUSより)

ところで、タイトルの「ジョージ・ホワイト」の名でピンときた人がいるとす
れば、あなたはかなりのキティ通ですね。じつはこれはキティちゃんのお父さ
んの名前で、キティちゃんは、なんとイギリス人(?)なのでした! 

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[346] [345] [344] [343] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]