忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
【3】話題のカタマリ(第35回)          ― 海を渡ったトルネード
-------------------------------------------------------------------------
 今年のプロ野球オフシーズンは、松坂、桑田、井川、岩村など、スター選手の
 メジャー行き関連の話題が圧倒的に多くなった。
 思えば今から約12年前に、1人の男が道を切り開いてくれたからこそ、メジャー
 での日本人選手の活躍を、日本にいながらにしてテレビ観戦できる現在がある
 のだと思う。その男の名は野茂英雄。メジャー進出のパイオニアであり、昨年
 6月にはデビルレイズでついに日米通算200勝という偉業も達成した。

  ◎ 野茂 英雄 昭和43年8月大阪府生まれ
大リーグ選手(投手)
  平成元年ドラフト史上最高の8球団が1位指名し、近鉄が史上最高の1億2千万
  で契約。平成2年オープン戦でデビュー、1試合17奪三振、4試合53奪三振、5
  戦連続2ケタ奪三振など次々と大物ぶりを披露し、"ドクターK"の異名をとる。
  7年1月近鉄を退団、2月大リーグ・ドジャースと契約。個性的なトルネード
    投法にフォークボールと直球で真っ向勝負するスタイルは大リーグファンを
    魅了した。
                 (データベース「WHOPLUS」より)

 ところが、200勝達成直後の7月には成績不振のためデビルレイズを解雇され、
 ヤンキースとマイナー契約、そして今年の3月にホワイトソックスとマイナー
 契約し3Aに所属したが6月には解雇、と奮わない日々が続いている。本人の公
 式ホームページによると、現在はヒジの故障の治療に専念しているという。

 さて、渡米してトルネードを極めたのは野茂選手だけではなかった。野茂選手
 の渡米より42年も前に先達がいたのだ。

 今年の9月に宮崎県延岡市、11月に北海道佐呂間町で竜巻被害があったことは
 記憶に新しい。そのニュースが伝えられる中でたびたび聞かれた言葉に「藤田
 スケール(Fスケール)」というのがあった。竜巻の規模を表す世界共通の単
 位で、その考案者の名前からつけられた名称だったのだ。

  ◎ 藤田 哲也 大正9年10月福岡県小倉生まれ 平成10年11月没
シカゴ大学名誉教授
  昭和28年渡米。シカゴ大学で研究を続け、40年シカゴ大学教授。中規模気象
  学の研究を進め、米国に発生するトルネード(=竜巻)の実態を明らかにし、
  46年竜巻の規模を表す6段階の藤田スケールを考案。 さらに気象衛星を利用
  した地球規模の天気図解析にも貢献、"ミスター・トルネード"の異名をとる。
                 (データベース「WHOPLUS」より)

 藤田教授の故郷・北九州市小倉では、教授の偉業を後世に伝えるべく、藤田記
 念館の設立を市へはたらきかけているという。

  「たつまき博士の研究室」http://www.fujita-scale.com/

 新たに渡米するスター選手たちの中から、第三のトルネード級の活躍をするの
 は果たして誰だろうか?

                                 (袴田)

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]