忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
【3】話題のカタマリ(第31回)           - 演じるお笑い芸人。
-------------------------------------------------------------------------


 ■ GW中は、なんとなく普段は見ないドラマまで見てしまった。

 旅先のホテルで『チャングムの誓い』を見たりして、いまさらその面白さに目
 覚めたり。これもGWの効用である。がんばれチャングム。ところで、海外の
 ドラマにはお笑い芸人って出ているんだろうか。日本のドラマにはお笑い芸人
 がよく出演している気がするけれど..。

 ■ 演じるお笑い芸人 ― 注目株は「劇団ひとり」

 そんなわけで、日本のドラマにおけるお笑い芸人の出演事情に思いをめぐらし
 ていたのだが、最近もっとも注目されたのは「劇団ひとり」ではないだろうか
 ? 今年1月に出版した処女小説『陰日向に咲く』(幻冬舎)が、ベストセラ
 ー入りしていることもあるから、ご存知の方も多いと思うが、屈折した人格を
 描写することで笑いをとる、どちらかといえば「陰」なタイプの芸人である。
 とはいえ、そのキャラクターをいかしたドラマ出演は多く、昨年のヒットドラ
 マ『電車男』(オタクな脇役として)『電車男・もう一つの最終回』(こちら
 はオタクキャラの主人公として)での演技は大好評だったようだ。
 そうはいっても、由緒ただしき朝の連続テレビ小説『純情きらり』(NHK放
 映中)に主人公・桜子(宮崎あおい)の初恋相手、しかも教師役として出演す
 るというのには驚いた。内心(そのキャスティング、どうなのかなあ)などと
 思っていたのだが、劇中の彼は、ちょっと変人的要素をはらんでいるものの、
 文句なしの魅力的な青年であった。
 彼の出演シーンの放送はすでに終ってしまったようだが、さすが“劇団”を名
 乗るだけあって、演じる才能がある芸人さんのようである。

 ■ そんな“劇団ひとり”ってどんな人?!

  ◎ 劇団ひとり 昭和52年2月2日千葉県生れ 血液型=A型

  父は国際線のパイロット、母はスチュワーデスで、小学校2年から5年ま
  でアラスカのアンカレッジで過ごす。平成5年高校生の時、バラエティ番
  組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のコーナー“お笑い甲子園”
  にバーテックスのコンビ名で出場し、関東代表に選ばれる。翌年お笑いコ
  ンビ、スープレックスを結成して活動するが、12年解散。その後、自ら
  が座長となり“中国から来た校務員チューレン”“通販に凝る童貞ヤンキ
  ー”“止まると死ぬホスト”など様々なキャラクターを劇団員とした“劇
  団ひとり”を名乗り、ピン芸人として再出発。テレビ「爆笑オンエアバト
  ル」などで注目を集める。
  15年テレビドラマ「STAND UP!!」に俳優としてレギュラー出
  演。16年モーニング娘。の矢口真里とともにテレビ「やぐちひとり」の
  司会を務める。18年処女小説「陰日向に咲く」が高い評価を受けベスト
  セラーに。他の出演にテレビ「エンタの神様」「完売劇場」「ロバートホ
  ール」(のち「リチャードホール」)「大人のコンソメ」「平成教育20
  05予備校」、ドラマ「電車男」「純情きらり」などがある。

  <連絡先> 太田プロダクション (Tel.03-3359-6266)
        〒160-0017 東京都新宿区左門町3-1左門イレブンビル2F

  <新聞、雑誌の取材記事>

  ◆ File3・劇団ひとり―滑ったら切る!!座長はつらいんです…(イッ
    ツ笑タイム) [小池 聡]
    スポーツニッポン新聞 2005.4.21(p28)

  ◆ 劇団ひとり「笑いの裏表」(active pickup) [川口 美保〔文〕Eric
    〔phtography〕]
    Switch 22(10) 2004.10(p110~111)

  ◆ 劇団ひとり―ニヤニヤ誘う不気味キャラ(ペコのてっぺんまでもうち
    ょい) [永原 由香子]
    読売新聞 2004.3.15夕刊(p13)

  ◆ 劇団ひとり―瞬間風速のギャグではなく短編小説やショートムービ
    ー級の爆笑コントを生み出す才能(SIT UP LATE)
    Switch 21(9) 2003.9(p132~133)

  ◆ 劇団ひとり―芸名の通り1人で座長、団員…スベった団員45人"リス
    トラ"(お笑い大捜査線〔1〕) [市川 知幸]
    日刊スポーツ 2003.8.4(p30)
                (データベース「WHOPLUS」より)

 高校生時代からお笑いの頭角をあらわし、途中コンビ解散を経験するも、ピ
 ン芸人になってからの評価は上々。芸人としては申し分のないプロフィール
 ではないだろうか。

 ■ 血はあらそえぬ・・・SF作家、漫画家、そして漫才作家とのつながり。

 ところで、WHOPLUSで「劇団ひとり」を全文検索すると、彼といっし
 ょに「川島ゆぞ」という人物がヒットする。
 川島ゆぞは、大塚製薬工場取締役もつとめた現役のSF作家。劇団ひとりは
 彼の甥にあたる。さらに言えば、川島ゆぞの弟は、漫才作家の安藤三省。ま
 た川島ゆぞの叔父には漫画家の川島三郎がいる。劇団ひとり-父親のパイロ
 ットの遺伝子は届かなかったが、その他の血はもれなく受け継いだようであ
 る。劇団ひとりの今後の活躍に期待をよせつつ、また次回!

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]