忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ WHOで検索! 話題のカタマリ 第6回
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   スマトラ沖地震による津波の発生で…
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   島国ニッポンでは、地震とならんで最も身近な自然の脅威として知られ
   ているもの、それが津波。英語でも日本語をそのまま“TSUNAMI”
   と書いて表現するそうですね。ところで、今回のスマトラ沖地震による
   大津波の発生で、津波研究者に注目が集まっているんだとか。

   では、日本人専門家にはどんな人がいるの?
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   今回は、WHOでチェックした津波研究の第一人者達を紹介します。

   ※ キーワード「津波」、職業・活動分野「自然科学系研究者」
     などを主な条件として指定し、比較的経歴の新しい人物を
     独自にピックアップしたものです。
   ※ なお肩書きなどはデータ収録当時のものとなりますので、
     ご了承ください。

  <WHOでチェックした津波の研究者・専門家10人>

  ◆阿部 勝征(アベカツユキ)…東京大学地震研究所教授。大地震と津波
   の発生メカニズムを明らかにした。『世界の大地震カタログ』は、“阿
   部カタログ”と呼ばれ有名。

  ◆阿部 邦昭(アベクニアキ)…国際津波学会会員。平成5年に東北大学
   で発表された秋田県沖地震の発生予測をもとに、津波の高さと海岸への
   到達時間をコンピュータシミュレーションで予測した。

  ◆今村 文彦(イマムラフミヒコ)…東北大学大学院教授。専攻分野は津
   波工学。国内外で津波被害の把握、発生メカニズムの解析に尽力してい
   る。

  ◆岡村 真(オカムラマコト)…高知大学理学部教授。地震から生じた津
   波による堆積物から、地震の周期性を研究。

  ◆河田 恵昭(カワタヨシアキ)…京都大学防災研究所附属巨大災害研究
   センター教授・センター長、阪神・淡路大震災記念人と防災未来センタ
   ー長。高潮や津波による災害を研究テーマとしている。

  ◆斎藤 晃(サイトウアキラ)…東海大学海洋学部教授。津波災害とその
   対策についてを研究テーマとしている。

  ◆佐伯 浩(サエキヒロシ)…北海道大学工学部教授。北海道南西沖地震
   の津波検討委員会会長を務める。

  ◆酒匂 敏次(サコウトシツグ)…東海大学海洋学部教授。日米の行政・
   教育・研究ポストを歴任。津波防災の施設機能を研究テーマとする。

  ◆首藤 伸夫(シュトウノブオ)岩手県立大学教授。昭和35年のチリ地
   震津波から研究を開始。国際津波学会での受賞歴がある。

  ◆都司 嘉宣(ツジヨシノブ)…東京大学地震研究所助教授。国立防災科
   学センターなどを経て現職。地震津波に関する史料をまとめるなど津波
   関連著書が多数ある。

             ~さらに詳しいプロフィールや文献はWHOで!

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]