忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 知的バラエティコラム/本日も、風まかせ!(第3回) 坂本あおい
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『打倒、暴力クリスマス?』


  商業主義がプンプンかおる季節がやってきた。テレビをつければクリスマ
 スソング、街を歩けばクリスマス商戦と過剰なライトアップ。クリスマスは
 強迫観念のように、しつこく人々に迫ってくる。なんてあなたは暴力的なん
 ですか、クリスマスさん?
  ということで、今回はもっと心温まるクリスマスを探すためにWHOに入
 ってみることにした。まずは妥当なところとして「クリスマス」のキーワー
 ドと職業・活動分野「宗教」の組み合わせで検索。ヒットしたのはたったの
 8件で、特に興味をひくものもない。ちょっと試しに「政治」の分野。やは
 りヒット数はゼロ。ダメもとで「官界」。すると1件だけヒットした。

  ひらいてみると、日本国憲法の起草に携わったベアテ・シロタ・ゴードン
 というユダヤ系オーストリア人女性のデータだった。ピアニストの父が山田
 耕筰に招聘されたため、彼女は少女時代の10年を日本で過ごす。そして単
 身わたったアメリカから両親のいる日本に帰国したのが終戦後のクリスマス
 イブだったらしい。検索にひっかかったのは、当時のようすをまとめた彼女
 の執筆文献『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた
 女性の自伝』だった。
  終戦直後のクリスマスとはどんなものだったのだろう? この本によると、
 彼女はイブの日にB29と同じルートを飛んで荒廃した日本に降りたった。
 両親との再会をはたすことはできたが、戦時下の厳しい生活のせいで二人と
 も栄養失調になっていた。GHQスタッフとして来日した彼女でも、食料の
 確保は困難をきわめた。そんな中、「遅れてやってきたサンタクロース」
(つまり彼女に惚れた男性)がプレゼントしてくれたのがアメリカ海軍の食料
 と石けんで、家族で最初に楽しんだのが、バターをのせた炊きたての銀シャ
 リだった。
 たしかに心温まるが、やや厳しいクリスマスを見つけてしまったようだ。

  そもそもクリスマスの12月25日とはキリストの誕生日でもなんでもな
 く、それ以前の各宗教の冬至の祭りが起源であるという。だとしたらキリス
 ト教とは無関係に冬の暗さを忘れて浮かれ騒ぐ今どきの過ごし方は、むしろ
 古式ゆかしいといえるかもしれない。ちなみにMAGAZINEPLUSで
 キーワード検索してみると「クリスマス」1377件、「冬至」34件とヒ
 ット数はクリスマスの圧勝だった。新しもの好きの方、これからは冬至でど
 うでしょう?

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]