忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
【2】話題のカタマリ(第72回)     ― ジョイント・ライブの在るべき姿
-------------------------------------------------------------------------
1970年代を代表するシンガー・ソングライター、キャロル・キング & ジェイ
ムス・テイラーのライブCD+DVD「LIVE AT THE TROUBADOUR(邦題:トルバドー
ル・リユニオン)」が発売された。
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/james_taylor/ucco3018.html

若き日に2人が出演していたロサンゼルスのクラブ「トルバドール」の50周年記
念で、2007年に再共演した際のライブ盤である。このCDが発売となる1ヶ月前に
開かれた2人の来日公演を観に行ってきた。

ジョイント・ライブといえば、キャロルは2007年に「3 Great American Voices」
と題されたイベントコンサートで、メアリー・J.ブライジやファーギーという
全く別ジャンルのアーティストと来日したことがあった。三者三様の各ステージ
を終えて、最後だけ3人で2、3曲共演して終わりという、大会場でのイベントに
ありがちなジョイント・ライブ(それぞれのステージの出来は良いのだが...、
“ジョイント”ではない)。

一方、今回のキャロル&ジェイムスのジョイント・ライブでは、キャロルが歌う
時はジェームスがギター演奏とバッキングコーラスに徹し、逆にジェームスが歌
う時は、キャロルはピアノやギターを弾き、コーラス、ダンスの八面六臂ぶり。
2人の代表曲「You've Got A Friend(きみの友だち)」しか聴いたことがない方
でも、このCDで来日公演の素晴らしいパフォーマンスのエッセンスを感じられる
だろう。


◎ キング,キャロル(KING,CAROLE)
1942年ニューヨーク・ブルックリン生まれ
ニール・セダカの紹介で10代で作曲家としてデビュー。音楽出版社アルドン
に属し、最初の夫であるジェリー・ゴフィンとのコンビで「ウィル・ユー・
ラブ・ミー・トゥモロウ」「ロコモーション」ほか多くのヒット曲を生む。
1962年「泣きたい気持ち」で自らもレコード・デビュー。'68年シティという
グループを作りボーカルとピアノを担当。'71年初のソロ・アルバム「つづれ
おり」をリリース、アコースティックなサウンドが人気を呼ぶ。

◎ テイラー,ジェイムス(TAYLOR,JAMES)
1948年ボストン生まれ
12歳からギターを始め、1967年ダニー・コーチマーとフライング・マシーン
結成。'69年「ジェームズ・テイラー」でビートルズのアップル・レコードか
らデビュー。後、アメリカに帰国。 '71年「マッド・スライド・スリム」を
発表。シングル・カットされた「きみの友だち」が全米No.1になる。
                            (WHOPLUSより)

(袴田)

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[362] [361] [360] [359] [358] [357] [355] [354] [353] [352] [351
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]