忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


-------------------------------------------------------------------------
  【2】知的バラエティコラム/本日も、風まかせ!(第17回)  坂本あおい
-------------------------------------------------------------------------

 『30歳をむかえる人への10の質問』


  ずいぶん昔の話になるけれど、男性誌『GQ』が「30歳までに経験してお
 くべき101の事柄」という特集を組んだことがあった。経験すべきこと10
 1にくわえ、読むべき本、聴くべき音楽、見るべき映画がリストアップされて
 いるという、充実の一冊。わたしは当時まだ20代前半だったから、ヒジョー
 にのんきな気持ちで楽しく読んだものだった。
  ところが、30歳に近づくにつれて、その特集がチラチラと脳裡によみがえ
 ってわたしを刺激するのだ。とくに、世界的スターや政治家などの30代を紹
 介した写真記事は、わたしを激しくあせらせた。記事によると、みんなその頃
 にはすでに有名だったか、それなりの下地を築いていた。それにひきかえ、わ
 たしはどうだ?
  考えてみれば、モーツァルトは30歳で『フィガロの結婚』を完成させた。
 樋口一葉は30なんて悠長なことでなく、24年の生涯のうちに多くの傑作を
 残している。30歳とは、ガンバリや才能によっては、けっこうなことが成し
 遂げられる年齢なのだ。
  そんなことを思っているうちに、どんどん「30歳過敏症」に陥っていった
 のだけど、結局のところわたしにはガンバリも才能もなく、トコロテンが押し
 出されるように、あれよという間に20代と30代の境目をチュルッとまたい
 でいた。と同時に「30歳過敏症」という通過儀礼もおわったようで、以来、
 なんにも悩まなくなった。めでたし、めでたし。

  ところで、今年30歳をむかえる男性(1976生まれ)にはどんな人がい
 るだろう? WHOによると、こんな面々だ(敬称略で失礼します):シュー
 ルな衣装のソプラニスタ岡本知高、涙袋がセクシーなオダギリジョー、宙を舞
 う姿にわたしも惚れたバレーボールの加藤陽一、薬害エイズ問題と闘う元青年
 川田龍平、「天国の階段」でお茶の間を魅了したクォン・サンウ、それから千
 代大海、はなわ、山本耕史、格闘家W・シウバ、サッカーのロナウド等々。
  こうしたみなさんは各方面ですでに実績のある人たちだけれど、では『GQ
 』のいう「経験しておくべきこと」は、もう経験しただろうか? 洗濯物をマ
 マのところへ持っていっていませんか? 失恋はしました? タイトなレザー
 ・パンツは二度とはかない決心はしましたか? 詩を書いたことは? ベッド
 で縛られたことはありますか? 兄弟姉妹とどうしゃべったらよいか学びまし
 たか? 自分の酒量の限界がわかりましたか? 『第三の男』は見ました? 
 じゃあ『山猫』は? グールドの弾くゴールドベルク変奏曲は聴きましたか?

  ちなみに『GQ』のリストのうち、わたしが30までに経験したことをチェ
 ックしてみると、車を廃棄処分にする、父親と飲んで酔っぱらう、浪費してク
 レジット・カードを取り上げられる……。ええと、わたしは立派に30歳をむ
 かえたと胸をはっていいのでしょうか?

 

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]