忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 知的バラエティコラム/本日も、風まかせ!(第16回)  坂本あおい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『発禁の誘惑』

  「発禁」とは、なにやらそそられる言葉である。読んではいけないといわれれ
 ば、ますます読みたくなる。これ、人の常。しかもなにやら淫らなイメージがつ
 いてまわる言葉でもあり、ひょっとしたら、自分がいままで知らなかった世界が
 そこにあるのかもしれない、と胸が高鳴ったりする。
  わたしの記憶にあたらしいところでは、中国の若手女流作家・衛慧が書いた『
 上海ベイビー』という本があった。「中国で発禁」といううたい文句はその本に
 魔法の力をあたえ、作品はまたたくまに数ヶ国語に翻訳されて日本でもヒットを
 記録した。じっさい、おどろくほどの内容ではなかったけれど、「色」というよ
 り「肉」的な性描写(しかも若い娘が書いた!)は、たしかに淫らではあった。

  ところが、長い歴史に目をむけてみると、「発禁」は淫らとは関係のないもの
 のほうが多いようにも思える。では、近年ではどうなのだろうか? ということ
 でWHOで調査だ(キーワード:発禁、生年:1930~)。出てきた検索結果
 43件のなかから、理由がズバリ書いてある文のみを適当にひろってみよう。自
 主規制、差し止めなど、「禁」にもいろいろあるけれど、お遊びなので、この際
 それらは無視だ。

   アルバム「マギス」は共産党を連想させるという理由で発禁(インドネ
   シア)/「琉大文学」を創刊したが、反米的なため発禁処分(日本)/
   '96年中国政府の“精神文明キャンペーン”で作品が批判の対象となり、
   発禁(中国)/故国の姿を赤裸々に描いた点と大胆な性描写が主要な原
   因となって、作品のほとんどが祖国では発禁(アイルランド)/独裁体
   制下で発禁(スペイン)/チャウシェスク体制に批判的な作品が多いと
   して'86年発禁処分(ルーマニア)......
 
  WHOのデータを読んだかぎりだと、やはり政治的理由による発禁が圧倒的に
 多かった。上にあげた以外でも、韓国、南ア、イラン、スリランカ、ミャンマー、
 カメルーンの作家・詩人などのデータがあり、読んでみると各国の価値観や横暴
 な政治体制が透けてみえてきて、けっこう面白い。一番やりたい放題な感がある
 のは、やはり中国。さすがだ。

  ところで、「人物ファイル横断」で「発禁」を検索してみると、著書・著者情
 報が3件ヒットする。じつはそのうちの一冊『中国農民調査』をわたしはすでに
 入手ずみだ。あとがきによると、中国のタブーを実名入りで浮き彫りにしたこの
 本はマスコミを巻き込んでの大反響を呼んだが、3ヶ月で共産党から発禁処分を
 受け、徹底的に「抹殺」されたという。さてさて。のぞき趣味の血が騒ぎます。
 淫らであってもそうでなくても、「発禁」の言葉にめっぽう弱いわたしなのです。

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]