忍者ブログ
人物・文献情報データベースWHOPLUSの“人物”をテーマにしたブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ ハカマダ芸能研究所 第5回 清水ミチコのホームグラウンド
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  正月休み明けのある日、旧友に突然誘われて「清水ミチコのお楽しみ会~
 VOICE BE AMBITIOUS!~」(草月ホール)(*1)を観てきました。2000年までか
 つての渋谷ジアンジアンを拠点に開かれていた定例ライブ以来、4年ぶりの単
 独ステージだそうです。
  会場に入ると、ロビーにはレギュラー出演番組や放送局からの花環や鉢植
 えに混じって、いつも清水ミチコにものまねされている芸能人からの贈り物
 も、目につきました(さすがに田中真紀子からのは無かったけど...)。
  朝鮮中央放送のニュースアナウンサーという衝撃的映像でライブが始まっ
 て間もなく、客席から“ものまねリクエスト”を募るのですが、客層のほと
 んどが、古くからのライブファンやラジオ番組「ラジオビバリー昼ズ」の熱
 狂的なリスナー(通称:ビバリストと呼ぶらしい)で埋まっていたらしく、
 「桃井かおり」「大竹しのぶ」「デヴィ夫人」といった、テレビでも知られ
 たネタばかりでなく、「岸田今日子の怖い天気予報」(*2)「教授婦人会の高
 畑淳子」(*3)「井上陽水の作曲法」といった、マニアックなリクエストが次
 々と寄せられると、「それだけは勘弁してください(苦笑)」「う~ん、パス
 は3回まで許して!」などと時おり逃げつつも、多くのリクエストに応えて
 くれました。

 この日披露されたネタの構成を大まかに分けると、
  (A)オーソドックスなものまね篇
  (B)ものまね版 掛け合いコント/一人アカペラコーラス
  (C)アーティスト作曲法
  (D)替え歌(童謡「おかあさん」「しゃぼんだま」、「マイウェイ」など)
  (E)溶け込み写真傑作選 
  (F)オーソドックスなものまね+字幕で突っ込み
  (G)気になる場所に行ってみました
  (H)アラビア語の格言・ことわざ           (順不同)

 といった内容でしたが、(A)~(C)が普段テレビ・ラジオを通じて知っている
「芸人・清水ミチコ像」だとすると、(D)~(H)にはブラックで意地悪な側面や、
 変なモノ好きでもある「裏・清水ミチコ像」が垣間見られるように思えます。
  例えば、(F)のオーソドックスなものまね+字幕で突っ込みでは、坂本龍
 一の「ENERGY FLOW~鉄道員(ぽっぽや)のテーマ~戦場のメリークリスマス」
 のピアノメドレーを真剣に演奏する背後で、[あれ?さっきの曲と似ていま
 せんか...] などと字幕でボヤいてみせたり、鬼束ちひろ(*4)の「月光」(ド
 ラマ「トリック」の主題歌)を歌っている背後に[悪い子はいねぇがぁ!泣く
 子はいねぇがぁ!] と字幕で突っ込んでいくうちに、鬼束ちひろがナマハゲ
 になってしまったり という具合です。
  (H)のアラビア語の格言・ことわざ というのは、ものまねから離れたネタ
 で、イラク復興問題が注目された昨秋に始まったNHKラジオ「アラビア語
 講座」のテキスト本に載っている「アラビア語の格言・ことわざ」コーナー
 が妙に可笑しいよというスライドショー&トーク。この面白さだけは、言葉
 では説明できないので、お近くの書店で実物のテキスト本を立ち読みを!(笑)
 しりあがり寿(*5)の画風を知っている人は抱腹絶倒します。
  アンコールは矢野顕子(*6)のものまねで、三橋美智也の「達者でナ」を笑い
 無しで弾き語り、場内は大喝采の嵐。カーテンコールで涙ぐみそうになった
 清水ミチコは、照れ隠しのためか急に田中真紀子になって「どぅおぅもあり
 がとうございましたぁ」(場内大爆笑)と挨拶して終演となりました。
  歌あり、踊りあり、一人コント、ピアノ演奏、スライドショー等々、巧み
 な構成を交えながら2時間半たっぷり笑わせて、お値段たったの4,200円!こ
 んなお得なライブは他にありませんので、お近くで開かれる際にはぜひご観
 覧を。
参考文献 :「清水ミチコの『これ誰っ!?』」 宝島社
参考URL:「清水ミチコ オフィシャルウェブサイト」
            http://4325.net/index1.html
          「ほぼ日刊イトイ新聞 -清水ミチコの試供品無料進呈(秘密厳守)。」
       http://www.1101.com/michiko/index.html
----------------------------------------------------------------------
 *1 清水 ミチコ(シミズ,ミチコ) タレント  昭和35年 岐阜県生まれ
 ものまねが得意で、昭和58年RKB毎日「クニ河内のラジオ・ギャグ・シャッ
 フル」で初登場。また、テレビCMに七色の声で出演。61年からコントとピ
 アノ演奏、ものまねを交えたライブ活動を続ける。

 *2 岸田 今日子(キシダ,キョウコ) 女優  東京・杉並生まれ
 文学座、劇団雲を経て、昭和50年演劇集団円を創立。その個性的なマスク
 と的確な演技力が買われ、助演として各社の巨匠達の作品に数多く出演。
 アニメ「ムーミン」の声やNHKラジオ「私の本棚」の朗読など声・朗読・
 ナレーションの分野でも活躍。
 ※ものまね天気予報は、「ラジオビバリー昼ズ」の番組中、本当の天気予
  報コーナーでやっているのだそうです。

 *3 高畑 淳子(タカハタ,アツコ)  女優  昭和29年 香川県生まれ
 昭和51年青年座に入団。代表作は「木に花咲く」「欲望という名の電車」
 など。
 ※教授婦人会とは、放映中のドラマ「白い巨塔」での教授夫人役を指す。

 *4 鬼束 ちひろ(オニツカ,チヒロ) 歌手  昭和55年 宮崎県生まれ
 両親の影響で幼い頃から洋楽に触れる。高校時代から歌を作り始め、ヴァ
 ージン・アーティスト・オーディションに合格し、平成11年高校を卒業後、
 上京。12年シングル「シャイン」で歌手デビュー。

 *5 しりあがり 寿(シリアガリ,コトブキ) 漫画家  昭和33年 静岡市生
 まれ 大学卒業後キリンビールに入社、同時に「ビッグコミック・スピリ
 ッツ増刊号」などでプロの漫画家としてデビュー。主な作品に「真夜中の
 弥次さん喜多さん 」「地球防衛家のヒトビト」など。

 *6 矢野 顕子(ヤノ,アキコ) シンガーソングライター  昭和30年 東京
 都杉並区生まれ 昭和48年自己のバンド"ザリバ"でデビュー。51年にファ
 ースト・ソロアルバム「ジャパニーズ・ガール」をリリース。56年にCMソ
 ング「春咲小紅」が大ヒット。

拍手[0回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[07/08 宮城県 水山養殖場]
[09/10 ベルギーの海賊]
[02/10 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
総合的な人物・文献情報サービス「WHOPLUS」を運営する会社です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]